たるみの原因とは?

たるみの原因とは?

顔にたるみが起こる原因は、ズバリお肌の老化です。

若々しいお肌のハリをキープしているのは、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸です。これは体内でも生成されていますが、加齢によってその量は低下していきます。

そうすると、お肌を支えているコラーゲンなどの土台がスカスカ、スポンジ状になってきます。そうなれば当然、支えられなくなった皮膚は下に下がっていくというわけです。

コラーゲンは加齢だけではなく、紫外線やストレスによっても減少していきます。その上代謝が悪くなり、余分な老廃物が溜まりがちになると、負担はさらに増します。

そう、下がる一方・・・。

そうしてもうひとつ、顔の筋肉の衰えも挙げられます。筋肉は使わないと脂肪に変わり、お肌に負荷をかける原因になります。筋肉をあまり動かさないと血行の促進もされませんし、リンパも滞りがちになります。

そうなればやはり負担がかかり、どんどんたるみが増長していくのです。これの対策には、まず土台となるコラーゲンやヒアルロン酸を補給する必要があります。

お肌の奥に浸透し、これらに働きかけて生成を促進してくれる成分などが必要になります。そして、肌の負担を減らすために老廃物をため込まないように心がけましょう。

ROSYのようなたるみ対策化粧品を使うのも有効です。

リフトアップクリームROSYの検証結果は?